fc2ブログ

英国医学研究留学記

沖縄復帰記念日

Nikkor50E100G026.jpg
Nikon FM3A Ai Micro Nikkor 55mm f2.8s Kodak E100G

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

  1. 2011/05/15(日) 20:00:10|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

日本人的美意識

Nikkor50E100G014.jpg
Nikon FM3A Ai Nikkor 85mm f1.4S Kodak E100G
散ってしまった桜の花びらに儚さといったsympathyを持つのは、日本人独特の感性だという気がします。

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

  1. 2011/04/27(水) 14:08:47|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サクラ・サクラ・サクラ!

Nikkor50E100G006.jpg

Nikkor50E100G005.jpg

Nikkor50E100G009.jpg
Nikon FM3A Ai Nikkor 85mm f1.4S PL filter Kodak E100G
5年前の大阪で撮った桜の写真です。
大学生の頃は夜桜が良いなんて思っていましたが、今は断然に晴天下が一番美しいと思います。
ソメイヨシノはやっぱり良いですね。
デジカメも良いんですけど、こうして見るとポジ・フィルムもなかなか捨て難いです。

連休が空け、仕事に復帰ですが、デスク・ワークがてんこ盛り。
今週一杯は、学部学生の論文作成に追われて終りそうです。

テーマ:フィルムカメラ - ジャンル:写真

  1. 2011/04/26(火) 21:48:29|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

現場で起こっている事

R0018373.jpg
GRD2 ISO80 f5.6 1/500s
ロンドンは桜がかなり咲き始め、木々も芽吹き、とうとう春らしくなりました。

原発の事故に対する政府および東電の対応は、海外から見ていると「何やっているんだ」という風に見えます。
もうこの時点で上層部の「どうやって責任を逃れようか」という姿勢が垣間見えてなりません。
被爆の危険を冒して現場で対処している社員や自衛隊員、住民の方々はやりきれないのではないでしょうか。
BBCも含め海外メディアの報道はチェルノブイリ事故に匹敵する重大な事故との認識と僕は受け取っていますが、日本のメディアの報道はそうは見えません。
だいたい、原子炉が何号機まであってトラブル無しの原子炉は何台あるのか、全く発表されないのもおかしい。爆発したりしそうになってから「実は....」という発表には地元の人たちは納得できないでしょう。

世界中が見ている事も忘れてはなりません。
責任を取る代わりに高給を取っているのでは?
覚悟が無いなら責任ある立場なんかに付いては行けないと思います。

M3.comという医師専門のサイトでは、被災地での病院で薬や器具だけでなく、自家発電の重油と、山村の診療と医療従事者を病院へ運ぶための車のガソリンが不足し深刻な事態に陥りつつあると、野戦病院と化した病院内で戦う医師の悲痛な叫びが投稿されていました。車が無いと、医師と看護師を集めれないそうです(院内に泊まれる所があまり無いので、職員は通わないと行けないのに)。医師も看護師も人間ですから、ずっと眠らない訳には行きませんから、交代が必要です。暖房がないため夜間の冷え込みも厳しく、患者さんが低体温症で「病院内にいるにも関わらず」最悪死亡する事態もあり得るという状況のようです。こういう情報、マスコミの報道では知り得なかったので、読んでショックでした。ただ単にガソリンが足りないだの物資の輸送が困難などの上っ面の報道だけで、現場で何が起こっているのかマスコミの報道では全く見えてきません。

当事者じゃない者は外からはいくらでも批判めいた好きなことが云えると、政治家などは云うかもしれませんが、好きでその仕事を選んだのじゃないですかと云いたい。医師をしていたときには僕が施す医療行為に関しては何かあれば責任を取る覚悟で仕事をしていましたし、現在の研究に関わる事でもそういうつもりでやっています。現場で何が起こっているのか、目を開けて見ないといけないのではないでしょうか?。

GR BLOG トラックバック企画「アウトドア」に参加

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/03/15(火) 20:45:34|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Devastated

imgSumma001.jpg
Leica M3 Summarit 50mm f1.5 Fuji RA
忙しいのですが、今日はぜひとも更新しておきたいと思ったので。
朝起きて朝食を食べながらBBCの朝のニュースを見てぶっ飛びました。トップ・ニュースが、なんとマグニチュードが8.8などというとてつもなく巨大な地震が三陸沖を震源にして東/北日本を襲ったというニュースでした。揺れている最中の映像、とてつもない津波、ビルから道路に落ちてくるがれき、逃げ惑う人々、地震後の火災に京葉コンビナートの石油工場で生じたガスタンクの炎上......
突然襲った理不尽とも云える出来事に、戦慄せざるを得ません。
ニュージーランドで地震が生じたその直後に、日本でこのような事態が生じるとは想像も及びませんでした。

ニュースで東京でも被害が出ていると報じていたので、ひとまず自宅に電話した所、繋がりにくかったのですが何回かかけ直した所やっと繋がり、僕の家族は皆無事だということが分かりほっとしました。
阪神大震災を経験した者としては、当時の怖さを思い出しましたが、母も当時を思い出して怖かったと云っていました。

BBCの報道によると、英国の災害復興支援のボランティア団体は、英国の7時前(地震が起こったほぼ2時間後)には、被災地へ送る救援物資のパッケージングと配送の手続きに入ったとのことで、サービス業は対応が何でも遅い英国ですが、こういう事への対応の早さには正直驚きました。続々と各国の支援の申し出があるようなので、政府はぐずぐずせずに支援の申し出を受け入れるべきでしょう。もちろん在日米軍にも力を発揮してもらうべきでしょう。

次第に被害の規模の大きさが明らかになるにつれ、遠く離れた国に暮らす日本人としては無力感に襲われます。被害がこれ以上拡大しないこと、多くの人の生命が守られてほしい事、被災した方々と地域が一日も早く復興する事をただただ祈るのみです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

  1. 2011/03/11(金) 18:47:33|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ 次のページ

プロフィール

Dr Ken

Author:Dr Ken
元小児科医。ある日より、医師としてのキャリアではなく、研究者としてのキャリア・パスを志す。2007年の8月よりロンドンにある某大学医学部に講師として赴任。なかなか上達しない英語が、少し歯がゆい。万年筆と銀塩フィルムカメラが好き。縁があってやって来たこの国での貴重な体験や日々感じた事を、写真と一緒に記事にしています。

当ブログの写真および記事とは直接関係がないと判断したコメントやトラックバックは、申し訳ありませんが削除させていただきます。ご了承ください。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (337)
GRD2 (171)
日英の相違 (21)
英国 (282)
研究 (20)
映画 (4)
万年筆 (1)
医学 (10)
旅 (83)
科学技術政策 (2)
日本 (17)
Rolleiflex (25)
Leica (21)
Contax T2 (16)
Contax T3 (4)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード